MENU

肌質・予算別・用途別・保湿ジェルの選び方とは

保湿ジェルの選び方

保湿ジェル、オールインワンゲルを選ぶ時の基準は、肌に合う事が一番です。その目安は、自分と似た肌質の口コミや評判、友達の意見だと思います。そうして得た口コミや評判の結果選んだ保湿ゲルが、自分の肌に合わなかったらどうなるのでしょうか。

 

そこで、今回は肌質、シチュエーチョン別、予算別など、購入者側の様々な条件を照らし合わせ、保湿ジェルの選び方を再検討していきたいと思います。

 

脂性肌の方であれば、あっさりしたオイルフリーのものを朝方に使い、夜は時間をかけて普通のタイプのものを使うようにすればいいでしょう。

 

乾燥肌は、これにさらに潤いを足していかないといけないので、浸透性を重視した原材料がナノ粒子化されているものを選ぶといいと思います。

 

敏感肌、アトピー肌は、皮膚のバリアや保湿成分を作り出すセラミドが壊れている状態なので、外から人口のセラミドを無理に補うと皮膚が拒絶してしまう場合もあります。その為、肌の元々もっている保湿能力を引き出しつつ、最低限の潤いを封じ込める無添加系の保湿ジェルを選ぶといいでしょう。

 

保湿ジェルは、その一方で、お手入れを簡潔にしたい方にも選ばれます。仕事柄残業続きの方や、子育て中でスキンケアに手間隙をかけられない方にです。この場合は、朝には、肌なじみのいいさっぱり系を選び、夜時間をかけられる時には、しっとり系のものを選ぶという具合に、時間をかけられる時と、そうでない時とで、保湿ジェルを使い分けるのもいいと思います。

 

保湿ジェルの口コミは、手にとって試せる商品が好評

1つで化粧水、美容液、乳液の役割を果たす保湿ジェルは、ブームになって早10年近く経ちます。その勢いは衰える事もなく販路もバラエティストア、スーパー、ネット販売、定期購入と幅広くなり、様々な業者が参入する様になりました。では愛用者からの口コミや評判は、どの様なものでしょうか。

 

スーパーやバラエティストアで保湿ジェルを購入する方からは、実物を見て、他のメーカーと比べることが出来るので評価されています。こうした所で購入される方の多くは、お手軽に保湿が出来る化粧品を求めて購入される方が多く、おおむね好評です。赤ちゃんのオムツかぶれ防止の為に購入される方も多いようです。ネット販売で利用される方は、現品を購入すると効果なアンチエイジング効果のある保湿ジェルを購入される方が多いと思います。割引率の多さとネット販売店のポイントが着くところが魅力的という概念だと思います。

 

またネット販売店で保湿ラストは、自社サイトから定期購入するというものですが、残念な事に、大手化粧品口コミサイトでも、あまり芳しくない評判が上がったり、賛否両論になる保湿ジェルがあるのは、自社サイトでしか商品を取り扱わない、また定期購入でないと割引を適応しないという所です。

 

確かに、購入し続ける方が、お客様と販売側とのいい関係を保てるのですが、1つの保湿ジェルを使いたがらないお客様もいらっしゃいますし、自社ラインナップでないと効果がでないような保湿ジェルだと困るという方も大半なのです。

 

現在では、バラエティストアでも、高機能の保湿ジェルがテスターで常設されるようになりました。定期購入の保湿ジェルの平均販売価格は4000円ですが、バラエティストアに常設されている保湿ジェルの最高価格もこれと同じぐらいです。定期購入販売方法を模索する保湿ジェルの会社は、厳しい局面に立たされるかもしれません。

 

保湿ジェルをつけるタイミングは?吸収が悪いと思った時には工夫をすること

保湿ジェルの付け方

普段のスキンケアは、洗顔、化粧水、美容液、乳液もしくはオイルという順番の方が多いと思います。それが保湿ジェル、俗に言われるオールンインワンゲルにした途端、これ1つで本当に全部済ませられるの?と不安な方も多いでしょう。

 

実の所、私もオールインワン1つで済ませる時もあれば、そうでない時もあるのです。今回は、オールインワンゲルを塗るタイミング、どの順番でつければいいのかを書いていきます。

 

保湿ジェルを塗った時の悩みといえば、モロモロと白いものが出てくることです。ゲルの説明書きによれば、マッサージをしながら馴染ませてもいいですよと書いてあるものもあります。これはホワイトニング効果を狙った保湿ジェルに良くあることなのですが、ジェルにピーリング効果のある成分が含まれている事があるのです。その為、マッサージをするように馴染ませると、角質層が剥がれてしまうことがあります。これがモロモロの正体です。

 

保湿ジェルを肌に馴染ませるには、お肌に適量よりも少ない目に乗せて、指の腹で暖めてからトントンとのせてみる事です。肌体力が弱った肌に一気にジェルをのせても浸透しないのです。量は多い目に少量ずつつけ、朝は少ない目につけるのがいいでしょう。

 

また肌への吸収が悪いと感じた場合は、保湿ジェルの前に泥パックや炭酸パックをする事もお勧めです。そしてブースターや、ブースター系の化粧水を先に肌に馴染ませてから保湿ジェルをつけてみてください。そうする事で、肌体力が回復し、保湿ジェル1つだけで済むぐらいの肌の保湿力が戻ってきます。

おすすめの保湿ジェルBEST3

リソウ リペアジェル
医学誌にも掲載された実力派

今までに体験したことのない効果を実感!?

お得な初回限定キャンペーンあり!

100%植物由来の優しい成分で安心

公式サイトへ

メディプラスゲル
洗顔後は1本でOK!

肌環境を整えてエイジングケア

安心の30日間全額返金保証付き

62種類の豊富な美容成分を配合!

公式サイトへ

バランシングゲル
ミスユニバースファイナリストも愛用!

有名女性誌にも掲載多数!

乾燥、くすみ、毛穴肌トラブルのケアに最適

6つの無添加処方で安心安全

公式サイトへ